ナナツモリさんののきさきマルシェにお持ちするもの

25日(日)のナナツモリさんののきさきマルシェにお持ちするものの紹介です。

初めてなので、定番を多めにしてみました。

マドレーヌはきび砂糖とバニラビーンズ入り、しみじみと美味しいんですよ。

フィナンシェは今回はピスタチオ。ちょいっとフランボワーズジャムを絞ってます。緑に赤、とてもかわいらしく見た目も味もよしです。

ティグレは、チョコチップ入りフィナンシェ生地に真ん中のくぼみにナッツのペーストとミルクチョコのクリームを入れてます。

小さいけど、旨みがじゅ〜と詰まってます。秋冬限定メニューです。

もう1つ秋冬限定メニューは、サブレショコラ。さっくさっくの軽い食感のチョコサブレ(ほんの〜りシナモン風味)にナッツとミルクチョコのクリームをサンド。

これね、ハマる人多いんです。ナッツとチョコの間違いない組み合わせに、時々感じる塩気がしょっぱさではなく旨みとよいアクセントになってます。

塩気といえば、ガレットブルトンも発酵バターたっぷりのざくざく食感の厚焼きサブレにほんの少しフルールドセルという大粒の天日塩をはらり。

これも塩に旨みを感じますよ。

塩気のサブレ、2種類。コーヒーにも、お酒にもあいますよ。エダムのサブレは生地にも表面にもエダムチーズがたっぷり。

トマトバジルのサブレは、トマトの風味とほんのりとした甘みがとてもよく合ってます。焼いてる時ね、トマトとバジルの本当によい香りがします。

フロランタンは、アーモンドとくるみ入りのヌガーと厚めのサブレの組み合わせ。これ、明日は2個しかありません。。。

すみません、ちょっと計算間違えました。。。

サブレリンツは、シナモンとココア入りのサブレでフランボワーズジャムをサンド。

ヘーゼルナッツのサブレは、ヘーゼルナッツの独特の甘みとナッツの歯ごたえが美味しいです。

ケイクの類は、栗のケイクは自家製渋皮煮入りのバターケーキ。ブランデー風味です。渋皮煮がある時のみのメニューです。

今年は栗が不作だそうで、最近買いに行ったらもうありませんでした。。。

パンドジェンヌは、マジパン(アーモンドと砂糖のペースト)を使ったふわりとしたケイク。見た目はただのスポンジケーキみたいですが、

すごくしっとりとコクのある見た目以上に美味しいお菓子なんですよ。

バナナのケイクは、バナナ、ラム酒、メープルシロップ、きび砂糖の組み合わせ。いい組み合わせでしょう。これは私が大変御世話になった

お菓子教室で一番初めに習ったとても大切なお菓子です。ペカンナッツときび砂糖を一緒に粉砕したふりかけがかかってます。
e0328046_23490423.jpg
エンガディナーはくるみ入りのヌガーを発酵バターたっぷりの優しい生地でサンド。コーヒーによく合う味です。

エコセは、チョコ風味のダクワーズとアーモンドたっぷりの生地との組み合わせ。しっとり風味のよいケイクです。

ブラウニーは、チョコサブレの上に刻んだミルクチョコがたっぷり入ったブラウニー生地を流し込み、ペカンナッツをたっぷりのせて焼いてます。

ミルリトンは、タルト生地に優しい味わいの生地を流し込んで焼いてます。これを地味な見た目とは裏腹な美味しさ。

あと朝焼くのは、カヌレ。当日が美味しいので、必ず当日に食べてくださいね。

キッシュはさんまとキノコの秋の味覚。

久々にファーブルトン。ラム風味のプルーン入りの厚焼きクレープのような感じです。卵、バター、砂糖の美味しさにラムの風味が加わってなかなかのものですよ。

明日お会いできるのを楽しみにしてます!どうぞよろしくお願いします!






[PR]
by spock0106 | 2015-10-25 00:33 | お知らせ
<< ナナツモリさんののきさきマルシ... モハキハさんに納品 >>