<   2013年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ポワロンの冷凍ピューレ

TFOODSさんで冷凍ピューレを購入。こちらのお店、いろんなものが200円くらい安いんです。でもね、送料が結構します。

冷蔵と冷凍だと2個口の料金を請求されます。だから結果、めっちゃ得!ではなく、ちょっと得ぐらいになります。

冷凍ビューレって冷凍庫の中でえらいかさばるんです。250gのパックもあるけど割高なので、買うなら1キロです。

初めて冷凍ピューレを買うまで、1キロも使い切れるのか?冷凍庫のスペースは大丈夫か?など長い間悩みました。

あるとき、思い切って、購入したのですが、これがまた便利で、何かと使い道も出てきて(ギモーブやパートドフリュイを作るようになった

のが大きいのですが)なくてはならないものになりました。

すると他の種類も欲しくなるんですよね。あんなに購入をためらってたのに。

で、今回欲望を抑えきれずに注文したピューレ4種。
e0328046_8274215.jpg

左から、マンゴー。これは再購入。使い道色々あり。ムース、アイス、プリン、なんなりと。

ラズベリー。今までホールのラズベリーを購入してたけど、裏ごして使う際のロスの多いこと、多いこと!

小さい種ですが、かなりの割合でして。。。ジャム用にホールもいるけど、これも必要と。

ペッシュブラン。白桃。これはペッシュブランとキルシュのパートドフリュイのレシピを見つけまして、

どうしても、ぜひとも作ってみたくて。うまく出来たら五六市にお持ちします。

デリスコクテルカライブオロム。カクテル風のミックスフルーツピューレです。

パイナップル、ココナッツ、ライム、に砂糖とラム酒を加えた商品で、カクテルベースとしても使えるそうです。

パイナップルにココナッツ、もうそそられてたまりません。めっちゃおいしそうじゃないですか?

これもパートドフリュイに使う予定。

ちなみに他に購入したのは、アーモンドプードル1キロ、スイートチョコ1キロ、ミルクチョコ1キロ、シルパン、シルパット。

10月の五六市は無事開催されますように。。。材料費、けっこうかかってます。。。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-30 09:01 | 買ったもの | Comments(2)

レモンとカルダモンのサブレ

涼しくなると即、指先が乾燥してきます。そして体はバターたっぷりのケーキやサブレを欲します。潤いを求めてるのかもしれません。

サブレの試作です。生地にはレモンの皮のすりおろしとカルダモン入り。挟んだフランボワーズジャムは自家製。
e0328046_10585358.jpg

はじめレモンのさわやかな風味、後からカルダモンがふわり、フランボワーズの酸味も追っかけてきてと奥行きのある味わい。

これもおいしいのですが、ジャムを挟まない方が、シンプルにレモンとカルダモンをしっかりと感じられ好きかも。

サブレ・リンツでもフランボワーズジャムを挟むので、ジャムはそちらに譲りましょう。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-28 11:11 | 試作 | Comments(0)

シャルロット・ポテロン

夏にお菓子教室の体験レッスンで習ったケーキの復習。
e0328046_9341124.jpg

なかはかぼちゃ(ポテロン)のムースです。シナモンとラムとバニラで風味づけされたかぼちゃは、風味豊かに、まったりとした口溶け。

上にのってるのは、シャクシャクした食感のかぼちゃのスライス。

ケーキに野菜を使うってどうよ!と常日頃思ってますが、かぼちゃ、いも、人参、ルバーブは例外です。

がぼちゃはあとカボチャプリンもおいしいですね。



朝晩、ひんやりですね。秋ですね。やっとこさ。お菓子作るぞー!と気分が盛り上がります。

今日はサブレでも仕込もうかな。栗も見にいかないと。もちろん渋皮煮ですよ。これをケーキにいれたり、モンブランにしたり。

紅玉もそろそろですね。タルトタタンにりんごのタルト。う〜ん、秋ですね。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-27 10:08 | お菓子教室 | Comments(0)

チョコレートのタルト

涼しくなったら作ろうと思ってたタルト。気温が高いと生地がだれて、型に敷き込みづらいんです。

冬ならすっと難なく出来る作業もこの時期はちょっと難儀します。苦手意識があるからよけいかも。

綿棒作業あまり好きではないんです。なぜなら、のばした生地は必ず余るから。

余ったらそれをまたのばして、型抜きして、またまた余る。もう面倒になり、手で丸めてしまいます。

この後々まで続く作業がめんどくさくてたまりません。でも、今年はなんとか苦手克服します!
e0328046_934535.jpg

話をタルトに戻すと、空焼きしたタルト台にくるみをたっぷりのせてから、チョコレートの生地を流し込んで再びオーブンへ。

チョコレート生地はほとんど粉が入ってないので、しっとりふんわり口の中ですっとほどけるような食感。

くるみのコリコリがいいアクセントです。

他にも色々試作してみます。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-26 09:49 | 試作 | Comments(0)

ル・トンカ

お菓子教室、行ってきました。今回は習うのを楽しみにしていたトンカ豆のケーキでした。
e0328046_8491954.jpg

トンカ豆はそのまま食べるのではなく、バニラのように香りを楽しむものです。今回は生クリームに香りを移しました。
e0328046_8495761.jpg

杏仁のような、すごくいい香りです。トンカ豆の袋を開けただけで、香りがふわ〜と漂います。
e0328046_8491921.jpg

サブレとプラリネペーストとチョコレートを混ぜたざくざくした土台のうえに、濃厚なチョコレートのクリームと

ヘーゼルナッツの風味のよいダクワーズ、そしてトンカ豆のムース。

独り占めしたいおいしさでした。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-24 09:00 | お菓子教室 | Comments(0)

10月13日の五六市

初の深夜の更新です。今日はちょっと傷心です。まあとってもつまらないことですが。。。

それより!それより!10月の五六市ですよ!出店決まりましたよ!

今月、雨で流れたので、そのまま当選させていただけたんだと思います。

でなければ、今月雨で中止、来月落選では、叫びながら泣いてしまいそうです。

場所は、初の浄念寺駐車場です。ここはいい場所でしょうか?天気は大丈夫でしょうか?

今月の中止のショックを引きづり、不安たっぷりですが、何を作ろうかと考えるとわくわくです。

このケーキも候補に入れてます。冬に出店した時に出してたのですが、「いちじくのケイク」
e0328046_0291433.jpg

自家製セミドライのいちじくをシナモン入りの赤ワインでコンポートにしたものがたっぷりはいってます。

色々な風味が混じり合い、味わい深く、いちじくのぷちぷちが楽しいケーキです。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-23 00:33 | お知らせ | Comments(2)

チョコの試作始めました

朝晩がだいぶ涼しくなってきましたね。いてもたってもいられなくて、チョコの試作始めました。

でも、チョコにとってはまだまだ気温が高く、コーティングはできず、(冷蔵庫ではなく、常温で固めるため)

とりあえずガナッシュ(チョコレートと生クリームを混ぜたもの。いわゆる生チョコです)です。

これも本当は時間をかけて、常温で固めた方がいいのだけど、夜は涼しいとこ、昼間はやむをえず冷蔵庫に入れました。

コーヒーとシナモン入り。カプチーノ風といえば、味は想像できるでしょうか。
e0328046_1640850.jpg


コーヒーとカルダモン入り。後味、ふんわりカルダモン。ミントとはちがったすうっとした感じ。
e0328046_16393523.jpg

味の説明難しい。。。。お皿にのってるスパイスがカルダモンです。緑の皮を剥くと黒い種が数粒入ってます。

皮でなく、種が香りのもとです。

今回は、スパイスはパウダーを使用したのですが、食感が粉っぽい。。。

生クリームにホールのスパイスで香りを移すべきですね。

試してみたいのがたくさんあり、家族がどんどん(自分も含めて)太っていきそうで恐ろしいです。。。

でも、チョコレートおいしくてたまりません。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-21 17:02 | 試作 | Comments(0)

カルダモンコーヒーのケイク

最近食べたカルダモンのケーキがおいしかったので、使ってみたいなと思ってたところ、コーヒーの本を見てたら

「カルダモンコーヒー」とあったので、これだわ!と作ってみました。
e0328046_846015.jpg

パウンドケーキにインスタントコーヒーとカルダモンとチョコチャンクを加え、上にはアーモンドダイス。
e0328046_8454547.jpg

カルダモンってご存知ですか?インド原産のスパイスで、インドでは高価な部類のスパイスです。「香りの王様」だそうです。

カレーにはもちろん、デザートにも使われます。インドのアイスクリーム、クルフィがカルダモンとサフランで

風味づけされてます。日本でなら、チャイに入ってたり。だからまったくなじみがないスパイスではないと思います。

このケーキは余韻がふわっとカルダモン。おいしくできました。でも、他の組み合わせも作ってみたいな。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-20 09:07 | 試作 | Comments(0)

カヌレ・ド・ボルドー

冷蔵庫に少し残ったサワークリーム。そうそう、サワークリーム入りのカヌレのレシピ試してみようと生地を仕込んだのは昨晩。
(粉と液体をなじませるため、一晩ねかせます)
e0328046_15343888.jpg

カヌレの材料は、玉子、牛乳、砂糖、小麦粉、バター、ラム酒、バニラ。カスタードと同じ材料です。

カスタードと違い作り方は簡単。材料を混ぜるだけ。ただ牛乳とバニラは一度火にかけます。

その牛乳の温度が2通りあって、沸騰させて冷ましたもの。または、決して沸騰させてはならず60〜70℃に温めたもの。

いつもは60〜70℃に温めた牛乳を使うレシピだけど、今日は沸騰させたものを使うレシピで。

結果は成功。沸騰させたらダメとかあるけど、いけるんですね。
e0328046_1533182.jpg

断面はこのようにスがはいります。プリンはスが入らないように低温でじっくり焼くけど、

カヌレは高温でぐつぐつさせて焼くので、このようになります。

カヌレで難しいのは、自分のオーブンと型に合う焼き温度と時間を見つける事。

時間が短いと生地がへしゃげ、長いと焼き縮み。温度が低いとスがはいらず、高いと焦げがきつく。

外はカリッと、中はもっちり、瑞々しく。おいしく焼けました。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-18 16:05 | 試作 | Comments(2)

エクレール・ショコラ

定期的にエクレアが食べたくなります。今回のレシピはケーキ教室で習ったもの。
e0328046_11345339.jpg

中のクリームは、カスタードと生クリームとガナッシュを混ぜたもの。よい感じのほろ苦さがあり、少し軽めのクリーム。

上にかかってるのは、チョコとコーティング用のチョコを混ぜたもの。パリンとした食感ではなく、少し柔らかめ。
e0328046_11361724.jpg

もう1つ好きなレシピは、クリームはカスタードとチョコを混ぜたもので、上にかけるのは、チョコを混ぜたフォンダン。

フォンダンとは砂糖と水を混ぜて溶かして、再結晶化させたもの。まあ、砂糖の固まりです。

上には砂糖たっぷりの甘〜いのと、中のクリームはほろ苦く、とろりとした食感。そのバランスが好きです。

フォンダンって近所のスーパーには売ってないので、たま〜にしか作りません。

こうして書いてると無性に食べたくなります。フォンダン探しに行こうかな。
[PR]
by spock0106 | 2013-09-17 11:52 | おやつ | Comments(0)