<   2014年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カヌレ・ド・ボルドー

フランス、ボルドー地方の郷土菓子。真夏以外は手作り市にお持ちしてます。
e0328046_18000896.jpg
一番に売り切れるのが、このカヌレ。増税前に型を3つ買い足しました。

数が増えたので少し温度を上げて、試し焼きしました。いつも通り焼けて、一安心。

外側はかりっと香ばしく、中はむっちりラム酒香るカスタード味。ほんの少しだけ販売数が増えました。いかがでしょうか?


昨日は、初の自宅お菓子教室でした。メニューは、サブレとカップケーキ。写真撮るの忘れた〜。。。

しゃべりながら、手を動かすのって難しいですね。慣れの問題でしょうか?



[PR]
by spock0106 | 2014-03-31 18:19 | 試作

キャレ・アルザシアン

フランス、アルザス地方の郷土菓子。「アルザスの四角」という意味の名前。
e0328046_13580769.jpg
パイ生地を2枚焼き、1枚はフランボワーズジャムを塗り、もう1枚はアーモンドスライス入りのヌガーをのせて焼いて、かさねたもの。

と文章にすると簡単なようで、結構手間がかかってます。でもその分、とてもおいしいんですよ。

さくさくのパイ生地、フランボワーズジャムの酸味と甘み、ヌガーの香ばしさとアーモンドの食感。

四角い一切れにたくさん凝縮されてます。

今回の試作は、ちょっとパイ生地が分厚く、ヌガーの分量が多いかな。。。

手作り市にお持ちしたいと思ってますが、手間がかかる分、余裕がないと作れないので、ちょっと未定です。

でも、おいしいので、ぜひ食べていただきたいから、がんばります!





[PR]
by spock0106 | 2014-03-29 14:07 | 試作

ピティヴィエ

フランスのオルレアン地方の町、ピティヴィエの伝統菓子。
e0328046_16292177.jpg
パイ生地の中にアーモンドクリームを入れて焼いたもの。ガレットデロアと同じだけど、フェーブは入ってません。

ガレットデロアの場合は、表面の模様に何パターンかあるけど、ピティヴィエは馬車の車輪を模したとされる筋模様がお約束です。

パイ生地はさくさくしてる当日が一番美味しいけれど、中のアーモンドクリームは翌日の方が味が落ち着いて、深みがでて美味しいです。

この季節、翌日でもそないパイ生地はしけることはありません。トースターなどで軽く温めていただくと、よりおいしくいただけます。

私は冷たいのが好きなので、そのまま食べてますが。。。

このピティヴィエ、3月のわつか市、五六市にお持ちしてました。4月の手作り市にもお持ちする予定です。



[PR]
by spock0106 | 2014-03-28 16:38 | 試作

4月13日の五六市の出店場所

4月の五六市の出店場所が分かったので、お知らせします。「林材木店の倉庫内」です。

2月と同じ場所です。タイムス駐車場のお隣の林材木店さんの軒先にお店が3つほど、そしてその建物の中にも4つほどお店が並びます。

その内の1つです。ちょっと分かりにくい場所ですが、どうぞ見つけてくださいまし。
e0328046_19074115.jpg
昨日のあんこといちごのがすごく気に入ったので、また焼きました。今日は、半分はあんことパイナップル。

あんことパイナップルも合うのですが、いちごの方がより好きかな。パイナップルは酸味があり、かろやかな風味に。

1つなんものってないように見えるのがありますが、実は中にあんこといちごが潜んでます。

いちごを沈めてみたのですが、これは絶対に表面に貼付けて焼くべきです。いちごがぐにゅってなって、味がぼやけてました。

表面だと水分が飛んだ分、味が濃縮されおいしくなってます。明日も焼いてしまいそう。。。



[PR]
by spock0106 | 2014-03-26 19:16 | お知らせ

いちごとあんこ

自宅お菓子教室のレッスンメニューが、サブレとカップケーキなので、先週から、ちょいちょいカップケーキを焼いてます。

一度に6個焼けるので、3個はプレーンで、3個は何か具材を入れて焼いてます。
e0328046_15551430.jpg
今日は、いちごとあんこ。カップに生地を半分入れて、あんこを入れて、残りの生地をのせて、いちごをのせてます。

あんこは市販の少し水分が残ってる缶詰を使いました。水分を飛ばしたぼってりとしたものより、向いてると思います。

いちごも乾いてるようで、とても瑞々しいです。焼かれて少し水分が飛んだ分、味が濃縮されてます。

カップケーキの生地とあんこがよく合ってます。あんこ、偉大です。




[PR]
by spock0106 | 2014-03-25 16:13 | おやつ

オレンジのシフォンロール

オレンジの皮が必要で買ったオレンジ。余った実はどうするか。。。で、ロールケーキに使うことに。
e0328046_15022575.jpg
で、タイトルのシフォンロールとは、シフォンケーキの生地を天板に流して焼いたものを使ってます。

モッチリ感もあり、とてもきめ細やかで、す〜っと溶けるような食感。

最近、全卵生地のロールケーキしか作ってなかったから、久々に食べたしフォンロールはめっちゃおいしかったです。

近日中にまた作ってしまいそうです。

[PR]
by spock0106 | 2014-03-24 15:10 | おやつ

4月の出展予定

やっとぽかぽか暖かくなってきましたね。春ですね。この冬、ちょっと、食べ過ぎました。

今まで寒くてごんごろごんに着込んでたので、あまり気にならなかったのですが、最近、腹回りのごってり感が気になります。

暖かくなることだし、しっかりと動きます!

で、4月の予定ですが、3つあります。

4月6日(日)わつか市 9時から15時。 四天王寺さんの境内にて。
 
 絵本の読み聞かせや、青空ヨガなどの楽しいイベントもありますよ。


4月13日(日)五六市 10時から16時。京阪枚方公園駅から枚方市駅の間の沿道にて。

 今回の場所は「林材木店」さん。軒先なのか、倉庫内なのかはまだ分かりません。分かり次第お知らせします。

 
4月20日(日)森の手づくり市 10時から16時。下鴨神社 糺の森にて。
 
 こちらは19日、20日と2日間あるのですが、私が出展するのは20日のみです。

 
以上です。

4月からはボンボンショコラはなく、焼き菓子やコンフィズリーのみになります。

5月からは暑さで野外販売に向かないものが出てくるので、4月は一番種類を多く並べれると思います。

暑くなると作りにくくなるパイ生地を使ったお菓子を数種類、いちごのお菓子を少し。。。

先日、フルーツピューレの新しいのを色々購入したので、それを使って新作のパートドフリュイ。。。

いろいろ、いろいろ、考えてます。

楽しみにしていただけたら、うれしいです。


[PR]
by spock0106 | 2014-03-23 16:50 | お知らせ

ザッハトルテ

オーストリアのチョコレートケーキ。特徴は表面を覆ってるチョコレート。これがじゃりっとした食感であま〜いんです。

なぜなら、砂糖と水を熱したシロップにチョコを加えて、砂糖を再結晶させてます。それがじゃりっとした食感に。
e0328046_15441107.jpg
なかは、チョコ入りの軽いバターケーキ。このバターケーキがそのまま食べてもとてもおいしいんです。

溶かしたチョコを入れるのですが、そのせいか、味わい深いんですよね。

バターケーキとチョコのコーティングの間には杏ジャムで覆われてます。

表面のチョコの甘さとの対比で、その酸味がいいアクセントとなってます。

初挑戦のザッハトルテ、コーティングがえらく分厚くなってしまいました。。。

おまけにつやもないし。。。ちょっと生クリームを多めに添えてごまかしてます。

次の冬までには、手作り市にお持ちできる出来になるよう、練習しておきます。気の長い話ですが。。。


[PR]
by spock0106 | 2014-03-22 15:52 | 試作

フランスのお菓子めぐり

めちゃくちゃかわいい本です。 『フランスのお菓子めぐり 子どもが夢みるプチガトー
e0328046_14381853.jpg
フランスの地方の伝統菓子やスーパーで売ってる昔ながらのお菓子など、とても日常的なものばかり。

お菓子にまつわる話や起源、小話、お菓子に関連する祭りのこと、レシピなどをイラストや写真をたくさん使って紹介してます。

時々、仕掛け絵本のような、一部めくれたり、カードがはさまってたり楽しい造りにもなってます。

読んでいてとても心がわくわくする楽しい本ですよ。

もう1つ、一緒に注文したのが、シュライヒのスマーフ。ベルギーの漫画のキャラクターで、誕生日ケーキを持ってる姿がかわいかったので、

手作り市でのディスプレイに使おうと思い、購入。


そろそろ、ゴロクブログで4月の当選者結果発表があるかもしれません。どうか、当選してますように。。。

[PR]
by spock0106 | 2014-03-21 15:03 | 買ったもの

クグロフ

フランス、アルザス地方のお菓子。クグロフ型で焼いたレーズン入りのブリオッシュ。

アルザス地方は陶器の生産地で、かわいい絵が描かれたクグロフ型やその他の陶器でも有名です。
e0328046_11482876.jpg
今回、購入したのは、日本製のもの。1つではなく、複数いるので、予算的にフランスのはちょっと、手が出ませんでした。。。

まあ、日本製のものでも、それなりのお値段でしたが。。。

なぜ陶器か?陶器だとゆっくりと火が入り、ふんわりと焼き上がるからだそうで。あと、伝統的にクグロフは陶器で焼くから。

それなら伝統通りにしなければと。
e0328046_14201483.jpg
10センチの小さいサイズ、3つ。焼き上がり、めちゃくちゃかわいいです。正面もいいのですが、おしりがぽこんとしてるんです。(写真では分かりませんが)

パン同様イーストで膨らませます。生地は発酵バターと玉子がたっぷり入ってるので、風味もよく、しっとり吸い付くようななめらかさ、

柔らかいけど、パンのようにふかふかではなく、パンとケーキの中間でしょうか。贅沢パンまたは、あっさりしたケーキ。
e0328046_14293975.jpg
次の手作り市でお持ちする予定です。カットしたら、乾燥しそうなので、1こまるまるの販売の予定。

そして、型が3こしかないから、3こ限定です。


[PR]
by spock0106 | 2014-03-19 12:13 | 試作