タグ:パイ ( 7 ) タグの人気記事

ガレットデロアありがとうございました!

今年のガレットデロアの発送、終わりました。ご注文頂いた方々、どうもありがとうございました。

フェーブを作っていただいたPASTARiCOさんもありがとうございました。来年もお願いしますね。

e0328046_21501642.jpg
パイ生地って、毎回同じようには焼きあがらず、生地の折り方、切り込みの入れ方で、微妙に違うんですよね。

このツヤはきつね色ぐらい焼けてら、粉糖をふって少し温度を上げて焼いてます。ツヤツヤピカピカ、見ほれてしまいます。
e0328046_21510368.jpeg
ひなた堂のパイ生地は発酵バターを使ってるので、とても風味がいいんですよ。中にはアーモンドクリームが入ってます。

卵黄多めで少しコクをプラス、ラム酒で風味付け、アーモンドがコクと風味がとても美味しいクリームです。

今回、八尾の小さなかわいい雑貨屋さんK-shipさんからご注文いただきまして、ブログに載せていただきました。

よかったら見てくださいな。→ココ

こんな感じで楽しく召し上がっていただけたらとても嬉しいです。

発送は今年は終わりですが、イベントでは、今週土曜日の湊川公園手しごと市、2月5日のわつか市、3月20日の道明寺天満宮手づくりの市に

お持ちします。カットでの販売になります。ホール(2400円)をご希望の方はご一報くださいな。

2月の五六市は、1月にお持ちしてるのでお持ちしません。年に1度だけになります。

どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by spock0106 | 2017-01-24 22:06 | お知らせ

アンチョビのバトン

バトンとはフランス語で「棒」という意味で、そんな形のパイ菓子です。アンチョビをサンドして、チーズを振りかけて焼いてます。
e0328046_15581348.jpg
これね〜、おつまみにめっちゃいいですよ!アンチョビの塩っけ、チーズとバターの風味に、パイのさくさく感。

今、塩っけのお菓子は、エダムのサブレとカレーのサブレがあります。甘いお菓子だけでなく、塩っけのもののバリエーションも増やしたかったので、

これ、商品化決定です!パイ生地でウインナーを巻いたり、バジルペーストを塗って焼いたりとかも試してみたいリストに入れてます。

写真のものは少し塩っけが強かったので、アンチョビの量、少し減らします。

[PR]
by spock0106 | 2015-01-19 16:07 | 試作

キャレ・アルザシアン

フランス、アルザス地方の郷土菓子。「アルザスの四角」という意味の名前。
e0328046_13580769.jpg
パイ生地を2枚焼き、1枚はフランボワーズジャムを塗り、もう1枚はアーモンドスライス入りのヌガーをのせて焼いて、かさねたもの。

と文章にすると簡単なようで、結構手間がかかってます。でもその分、とてもおいしいんですよ。

さくさくのパイ生地、フランボワーズジャムの酸味と甘み、ヌガーの香ばしさとアーモンドの食感。

四角い一切れにたくさん凝縮されてます。

今回の試作は、ちょっとパイ生地が分厚く、ヌガーの分量が多いかな。。。

手作り市にお持ちしたいと思ってますが、手間がかかる分、余裕がないと作れないので、ちょっと未定です。

でも、おいしいので、ぜひ食べていただきたいから、がんばります!





[PR]
by spock0106 | 2014-03-29 14:07 | 試作

ピティヴィエ

フランスのオルレアン地方の町、ピティヴィエの伝統菓子。
e0328046_16292177.jpg
パイ生地の中にアーモンドクリームを入れて焼いたもの。ガレットデロアと同じだけど、フェーブは入ってません。

ガレットデロアの場合は、表面の模様に何パターンかあるけど、ピティヴィエは馬車の車輪を模したとされる筋模様がお約束です。

パイ生地はさくさくしてる当日が一番美味しいけれど、中のアーモンドクリームは翌日の方が味が落ち着いて、深みがでて美味しいです。

この季節、翌日でもそないパイ生地はしけることはありません。トースターなどで軽く温めていただくと、よりおいしくいただけます。

私は冷たいのが好きなので、そのまま食べてますが。。。

このピティヴィエ、3月のわつか市、五六市にお持ちしてました。4月の手作り市にもお持ちする予定です。



[PR]
by spock0106 | 2014-03-28 16:38 | 試作

ジャルジー

先日、お菓子教室で習ったお菓子。まずは「ジャルジー」とはなんぞや?

フランス語で「ブラインド」という意味です。このパイ生地の切れ込みが窓につけるブラインドのようなのが名前の由来です。
e0328046_13552041.jpg
中は、ピスタチオペースト入りのアーモンドクリームとフランボワーズのパートドフリュイが入ってます。
e0328046_13563576.jpg
ジャムや実そのものではなく、パートドフリュイです。焼いても流れ出ず、味もぼけず、しっかりとフランボワーズの味と酸味を感じられ

よいアクセントとなってます。

そして、ピスタチオ。赤と緑の色みもかわいいけど、味もいいんですよ。

私は普段、ピスタチオはさほど興味がないというか、食べたいとは思わないのですが、これを食べてピスタチオを見直しました。

もうピスタチオ様です。おいし〜!!!

高額なピスタチオペーストの購入まで検討する惚れ込みよう。

いつの日か、ひなた堂でピスタチオ味、登場するかもしれませんよ。いや、きっとしますよ。

ピスタチオと普段あまり馴染みがない人にこそ、食べていただきたいです。


[PR]
by spock0106 | 2014-03-04 14:07 | お菓子教室

フラン

キッシュと同じさくさくのパイ生地に、全卵で作ったカスタードを流し込み焼いたものです。
e0328046_1437441.jpg

カスタードほど濃厚ではなく、あっさりめでシンプルな味です。

カスタードよりプリン寄り。こういう甘い玉子系統の味っておいしいですよね〜。

フランは以前から気になってたのですが、食べる機会も作る機会もなく。。。

先日行ったケーキ屋さんには、フランとファーブルトンがあり、迷ったけど、他に買いすぎてたからフランはあきらめ。。。

で、買えなかったから、作ってみよう!と、作ったら、これがおいしくて、すごく気に入りました。

わつか市、できたら五六市にもお持ちする予定です。

みなさんにもぜひ味わっていただきたく思います。ただ、パイ生地なので、さくさくのうち、当日が賞味期限です。

もちろん、当日の朝、焼いていきます。

それまで、クリームの状態がややごろごろしてるので、滑らかになるよう練習しときます!
[PR]
by spock0106 | 2014-02-20 14:50 | 試作

パルミエ

さっくさくのパイ菓子。発酵バターのおいしさと控えめな甘さがたまりません。ついつい食べ過ぎてしまうお菓子です。
e0328046_1771953.jpg

本当はもっと大きく作りたいのに、何度やってもこの大きさになります。う〜ん。。。

右手前のぐらいの色が好きだけど、パイ生地だと焼き足りない感じに。他の2枚ぐらいしっかり焼かれたものの方が断然おいしいです。

次の3月のわつか市、五六市(当選したら)にお持ちする予定です。

できれば、ホワイトチョコをつけたいけど、つけれるか??

余裕ができたらホワイトチョコがついてます。ついてなかったら。。。お察しください。。。

出店の準備、ぼちぼち始めてます。昨日は材料を注文。今日は、お酒の買い出し。

今日はガトーショコラの試作、明日はキッシュとフランの2度目の試作。

あと、頓挫したままのマカロンもなんとかしたい。。。なんとかなるか??
[PR]
by spock0106 | 2014-02-19 17:20 | 試作