タグ:ヴィエノワズリー ( 3 ) タグの人気記事

クグロフとブリオッシュ

パンのアトリエ petite pomponさんと一緒に、バターをたっぷり使った贅沢なパン、クグロフとブリオッシュを作りました。

というか、一緒に作っていただきました。
e0328046_11442208.jpg
小さいのはいつもの型で、大きいのは18㎝。小さいのを見慣れてるから、18㎝のボリュームには驚きました。
e0328046_11450537.jpg
こちらはブリオッシュ。でっかいのは、穴にバターを押し込んで、上にブラウンシュガーを振りかけて焼きました。

小さいのは、あられ糖をふりかけてます。ふわんふわんの生地にバターの風味がたまりません。

両方とも、バターたっぷり、卵たっぷりで、同じ様な生地に思えても、食感が全然違います。

とてもおいしかったので、また作らねば!


[PR]
by spock0106 | 2014-08-08 12:11 | 試作

クグロフ

4月のわつか市からお持ちしてたクグロフ。イーストの種類を変更したので試し焼きしました。
e0328046_18122886.jpg
赤のサフから金のサフにかえたけど、赤のものでも問題はないかな。

(金のは耐糖タイプで、砂糖の多い生地に使う用のインスタントドライイースト)

しっとりと柔らかく、やさしい食感と口溶けの生地は子どもは大好きらしく、えらいくいついてました。

夏に向けて、(バター、砂糖、牛乳、卵たっぷりの)お菓子屋さんのパンを増やせれたらな〜と計画中です。

クグロフは、次の五六市にもお持ちします。



[PR]
by spock0106 | 2014-04-26 18:14 | 試作

クグロフ

フランス、アルザス地方のお菓子。クグロフ型で焼いたレーズン入りのブリオッシュ。

アルザス地方は陶器の生産地で、かわいい絵が描かれたクグロフ型やその他の陶器でも有名です。
e0328046_11482876.jpg
今回、購入したのは、日本製のもの。1つではなく、複数いるので、予算的にフランスのはちょっと、手が出ませんでした。。。

まあ、日本製のものでも、それなりのお値段でしたが。。。

なぜ陶器か?陶器だとゆっくりと火が入り、ふんわりと焼き上がるからだそうで。あと、伝統的にクグロフは陶器で焼くから。

それなら伝統通りにしなければと。
e0328046_14201483.jpg
10センチの小さいサイズ、3つ。焼き上がり、めちゃくちゃかわいいです。正面もいいのですが、おしりがぽこんとしてるんです。(写真では分かりませんが)

パン同様イーストで膨らませます。生地は発酵バターと玉子がたっぷり入ってるので、風味もよく、しっとり吸い付くようななめらかさ、

柔らかいけど、パンのようにふかふかではなく、パンとケーキの中間でしょうか。贅沢パンまたは、あっさりしたケーキ。
e0328046_14293975.jpg
次の手作り市でお持ちする予定です。カットしたら、乾燥しそうなので、1こまるまるの販売の予定。

そして、型が3こしかないから、3こ限定です。


[PR]
by spock0106 | 2014-03-19 12:13 | 試作