人気ブログランキング |

2013年 11月 30日 ( 1 )

チョコレート三昧

ココ3日間、ずっ〜とチョコにかかりきりでした。いや、まだ作業は残ってますが。

なんでこんなに時間がかかるのかといいますと、冷蔵庫で冷やし固めずに、常温でゆっくりとかためるから。

それに、手際が悪いから。。。

まずはガナッシュ(チョコレートと生クリームなどを混ぜたもの)を作り、枠に入れて一晩放置。

翌日、片面に薄くチョコを塗り、小さくカットして、また半日ほど放置。
e0328046_19252739.jpg

ここで時間をおかずにチョコレートをコーティングしてしまうと、切りたてのガナッシュは柔らかく、やりにくくてたまりません。

で、最後の仕上げのコーティング。近くにはチョコが欲しくて泣きわめく子ども。

うちの子、めちゃくちゃチョコが好きなようです。

で、出来たのがこちら。
e0328046_19274084.jpg

右から、カライブ(カカオ66%)ビターでシンプルな一品。

さくさくシナモン。薄いチョコフレークのようなものをチョコとプラリネ(カラメリゼしたナッツのペースト)で

からめたものと、シナモン風味のミルクチョコの2層。さくさくの食感が楽しいです。

これ、前回の試作のときは有り合わせの材料で作ったので、材料が少なく、薄かったのですが、ちゃんとしたレシピで作ったら

思ったより、分厚く、そして大きくなってしまいました。。。この大きさ、今回だけなので、お得ですよ。
e0328046_19292173.jpg

次回からは薄くなりますが、今回だけが特別大きいだけで、小さくなった訳ではないので、悪しからず。。。

パッションミルク。パッションフルーツの酸味とミルクチョコレートの甘みがお互いを引き立ててます。

6月に仕込んださくらんぼを使ったチェリーボンボン

しっかりと水気をきり、フォンダン(砂糖の一種、写真左の白いの)をちょっとつけてから、チョコでコーティング。
e0328046_19312730.jpg

これはフォンダンが乾くのを待ってる図。
e0328046_1930241.jpg

ボンボンショコラはまずは4種類ぐらいかなと考えてたのですが、作り始めたら、あれもこれも作りたくなり、

その衝動を抑えられず、9種類作ってしまいました。あと最後の仕上げ待ちが2種類。

こんなたくさん作って、売れるのか?または家族総出で食べつくすのか?

手頃な値段設定にしますんで、どうぞ手に取ってくださいな。

チョコの紹介はまだ続きます。
by spock0106 | 2013-11-30 14:41 | 商品説明